陶都・宜興(イーシン YiXing)
紫砂茶壷作陶研修ツアー」のご案内

yixing中国の江蘇省にある無錫市に属する宜興市は、北宋時代から続く1,000年以上の歴史を持つ、有名な陶磁器の街です。特別な「紫砂泥」が採れ、特に茶器(急須)は古くから人々に愛されており、お茶をこよなく愛する人々の間では「養壷」といって、世代を継いで大切に使われてきました。また、その独特の製法からは、自然の花、動物などを見事に取り入れたデザインで芸術としても賞賛される作品が数多くあります。
この宜興市に「美陶縁」という「陶芸研修センター」があります。主宰する顧美群氏は、女性ながら中国高級工芸美術師として活躍中であり、世界各地の展覧会での受賞歴も多く、気鋭の陶芸家です。
今回、この「美陶縁」での「紫砂茶壷作陶研修」ができることになりました。今まで日本からの研修受入はありませんでしたが、陶芸文化を通じて日中の交流が深まることを願い「美陶縁」の全面協力を得て、企画が実現しました。今までにない企画であり、カリキュラム、宿舎やバックアップも充実した内容で、初心者の方でも安心して参加できるプランです。
この研修の特長は、

  1. 日本語通訳が常時、研修、宿舎(ホテル)、食事、観光など完全サポート
  2. 入国後、現地の大手旅行社が受け入れ、出国まで安心サポート
  3. 研修に必要な道具、材料はすべて現地で用意するため身軽に参加
  4. カリキュラムは、紫砂壷の歴史や文化の見学や学習はもちろん、自分の手で世界に一つの作品作り、窯入れまで体験し、焼きあがった作品は持って帰ることができる
  5. 密接な関係の「中国茶」についても体験学習
  6. 宿舎(ホテル)と研修所と間は、専用バスで毎日送迎
  7. 食事は全食事(宜興滞在中)付き。名物の「太湖三白」も堪能(予定)
  8. 「太湖三白」とは、太湖で獲れる「太湖銀魚」「太湖白魚」「太湖白蝦」のことで、
    太湖に面した宜興の名物料理である。

 など、経験の有無や年齢、性別を問わず誰でも参加できる内容です。モデルプランでご確認ください。また、詳細はお気軽にお尋ねください。
 
 

Copyright © 2009 Sakura Tourist. All Rights Reserved.